活動報告

2010/09/11

活動報告写真

日本不動産学会設立25周年記念シンポジウム
パネルディスカッション「これからどうする熊本都心のまちづくり」

2011年春の九州新幹線全線開業を契機に、熊本の高い集客ポテンシャルをどのように活用し、熊本都心部の活性化を図っていけばよいのか注目されています。駅周辺と中心商店街、また熊本城と都心部との連携など、実効性のある方策はどのようなものなのか。さらには途中駅の位置づけしか与えられない熊本から、九州の中心に位置する“ハブ機能のまち熊本”へと視点を転換し、九州全体さらには日本の活性化につなげていくにはどうすればよいか...
パネリストに幸山政史氏(熊本市長)、石原進氏(九州旅客鉄道㈱代表取締役会長)、泉冬星氏(すきたい熊本協議会会長)、亀井創太郎氏(熊本商工会議所常議員)、溝上章志氏(熊本大学工学部教授)、斉藤参郎氏(福岡大学経済学部教授)、井芹道一氏(熊本日日新聞社政経部長)らが活発に議論しました。


以前の活動報告

We Love 九州協議会

熊本大学工学部 まちなか工房

ページ先頭へ戻る