活動報告

2013/11/09

活動報告写真

活動報告写真

『金沢・熊本・岡山まちづくりシンポジウム』に参加致しました。(岡山大学)

学都金沢では、市中心部周辺に存在した学校の移転が相次ぎ、中心地へ学生の来街が減少した。中心市街地活性化のためには学生の来街を促進することが課題となる中、金沢市では全国初となる『学生まち推進条例』を制定し、中心市街地に『金沢学生のまち市民交流館』(町屋を改修)を設け、学生の来街促進と学生自身によるまちづくり活動が報告されました。一方、岡山からは中心市街地に特長が少なく、駅前の再開発により中心市街地への来街者が減少傾向にあるなど、若年層の来街とまちづくりへの参加推進等が課題とされており、その中で市街地を流れる西川及び周辺の緑地である『西川緑道公園』をベースに中心市街地以外の若者(NPO法人タブララサ)主導で7つのプロジェクトが進行している、一方岡山大学では『地域総合研究センター』を設立し、大学と地域の連携を深める活動等が報告されました。
第二部のフリーディスカッションにおいては、三都市共学校の多い地域であり、市民、大学、行政の連携による中心市街地活性化の必要性が議論されると共に、参加者から岡山における現状課題等を含めた活発な議論が交わされました。


以前の活動報告

We Love 九州協議会

熊本大学工学部 まちなか工房

ページ先頭へ戻る